あなたが気になる芸能・アニメ・ゲームなどの情報と仕事で使えるメンタルテクニックもたまにお伝えする元役者で現サラリーマンのブログです。

スターウォーズのルークは死んだのか?死因と生きてる可能性についても

2019/12/20
 

スターウォーズ/最後のジェダイルークはカイロレンとの戦い後、死んだような描写になっています。

カイロ・レンとの戦いでは「また会おう」と言っているのに消えてしまい、本当に死んだのかあやふやになっています。

死因は強力なフォースの技で衰弱したためと思われますが、ルーク・スカイウォーカーは本当に死んだのか?生きている可能性はあるでしょうか?

スターウォーズのルークは本当に死んでしまったのか?

スターウォーズ/最後のジェダイではルークは消えてしまいます。

ルークが消えたことをレイは感じ取り「ルークが逝った」とレイヤ姫に伝えます。

レイの言葉からルークが死んだことが伺えます。

死因はフォースで分身を作るという高度な技を使用したための衰弱死です。

死の寸前、ルークはフォースと一つになるようにして消えていきました。

ルーク・スカイウォーカーの死因はフォースの技による衰弱死

スターウォーズ/最後のジェダイで、ルークはカイロレンとの戦いのあと消えてしまいます。

物語の終盤、劣勢に立たされたレジスタンスは”石の惑星クレイト”の坑道に立てこもります。

レジスタンスの抵抗も虚しく、カイロ・レン率いるファースト・オーダーの部隊に壊滅寸前まで追い込まれてしまいました。

レジスタンスのピンチに現れたのは伝説となったジェダイの騎士”ルーク・スカイウォーカー”でした。

ルークは、かつてベン・ソロをダークサイドに向かわせた自分を責め、孤島で暮らしていました。

孤島でのレイの呼びかけや、かつての師ヨーダの説教を受けたルークはレジスタンスを助けるために一人でファースト・オーダーに立ち向かいます。

カイロ・レンは自分を裏切った師であるルークを見た瞬間に頭に血が上り、集中砲火を浴びせる命令を下します。

集中砲火を浴びるルークでしたが全くの無傷の様子を見て、ついに「ルーク対カイロ・レン」の一騎打ちになりました。

間違いを正すようにカイロ・レンの思いを受け止めるルークは伝えます。

「怒りで倒しても私はお前とともにある」

カイロ・レンルークの言葉を無視するように怒りで一閃します。

しかし、カイロ・レンが斬ったルークはフォースで作られた分身でした。

フォースで分身を作ることは体力の消耗が激しく、ルークは最後はオビ=ワンやヨーダのように肉体をフォースへと昇華させ消えてしまいます。

そして、レイの言葉からルークが死んだことがわかります。

ルークはカイロ・レンに対してフォースによる分身で戦っていました。

戦いのあとは息も絶え絶えになっており、かなり体力を消耗する技のようです。

遠く離れた別惑星まで本物と区別がつかない分身を長作り出したルークは衰弱しきっていました。

その後、死を悟ったルークは岩の上に座禅を組み肉体をフォースへと昇華させました。

ルークが生きている可能性について

レイの言葉からルークが死んだということがわかります。

しかし、私達が想像する死ではなく、ルークはフォースと一つになるように消えていきます。

このことから、実はルーク生きているのではないかと噂されています。

エピソード9にもルークが出るという情報もありますが、事実はどうなのでしょうか。

ルークはフォースと一つになって生きている

ルークが消えたことは動かしようがない事実です。

ルークはオビ=ワンやヨーダのようにフォースと一つになったと考えられます。

そして、レイの「ルークは逝ってしまった。苦しみも悲しみもなく、安らかに」というセリフから死んでしまったことは明らかです。

表面上は消えた=ジェダイの死と捉えられますが、オビ=ワンのように肉体を失っても霊体として存在するジェダイもいます。

オビ=ワンは霊体となって若き頃のルークに助言をしていました。

「最後のジェダイ」でもヨーダがルークの前に現れて説教をしていましたね。

このことから、人間としてのルークは死んでしまったが、ルークという存在はまだ生きていると言えます。

ルークが消えた理由はカイロレンやレイを導くため

ルーク消えた理由はフォースとなってレイカイロ・レンの2人を導くためではないでしょうか。

「最後のジェダイ」でルークは、カイロ・レンをダークサイドに向かわせたことを後悔していました。

レイに対しても強大なフォースを持ちながらダークサイドに身を委ねたことを恐れて、レッスンを中止します。

迷いのあるルークの前にジェダイの師であるヨーダが現れて説教をします。

「強さと熟達の業、弱さと愚かさ、失敗も教えよ」「わしらは超えられるためにいる」

ルークレイに過去の過ちを既に話していましたので弱さや失敗を教えています。

しかし、カイロ・レンに対してはかつての後悔を伝えたわけではなかった為、最後の戦いの場に現れます。

「最後のジェダイ」のルーク対カイロ・レンの戦いは、師が弟子を諭すような戦いでした。

レイカイロ・レンのフォースの力はすでにルークを超えていました。

ルークは自分の師としての役目を終えたのだと悟りますが、2人に全てを教えたわけではないので、導き手として存在するためにフォースと一つになり消えたのではないでしょうか。

まとめ

・スターウォーズ/最後のジェダイでルーク・スカイウォーカーは死んでしまった。
・しかし、死んだのは肉体的な死であり、ルークという存在は生きている。
・ルークが消えた理由は師としての役目を終えたが、レイとカイロ・レンの導き手となるため。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© えんためアクティヴィズム , 2019 All Rights Reserved.